2010年04月03日

脱ゆとり教科書、理科実験で先生向け「特訓」も(読売新聞)

 「全部、教えきれるの?」――。学力向上を目指し、来年春から大幅に内容が増える小学校の教科書。学校週5日制のもと、現場の教師の間では、時間不足への不安も漏れる。

 児童には理科の実験は人気で、校外の教室も盛ん。新教科書にも実験や観察が多く盛り込まれたが、理科は苦手な教師も多い。教師向けの研修がスタートするなど、先生たちの模索が続く。

 「実験をうまくこなせるだろうか」。東京の区立小の男性教師(28)は心配そうだった。理科は苦手な方で、教科書の指導書を読みながら何とかこなしてきた。だが、新しい理科教科書では電気の利用など実験、観察が大幅に増える。それだけに「なんとかして授業の時間を工面しないと内容を教えきるのは難しい」。

 別の都内の公立小男性教師(32)も「授業時間が足りるかどうか見当がつかない」と漏らした。

 これまで理科実験は2時限続きで行い、実験の準備時間を節約してきたが、てんびんなどの扱いに慣れない児童も多く、時間がどうしても不足気味という。男性教師は「すべて教えるつもりだが、時間の配分を間違えると大変だ」と話した。

 お茶の水女子大学(文京区)では昨年12月から、文部科学省の委託事業で小学理科を教える教師の指導役養成の研修を始めた。2009年度は現職教師38人が参加、4月以降、勤務校などで実験や観察の方法をほかの教師に伝授する。

 29日には、草花のスケッチや、花粉と水中微生物の採取をキャンパス内で行った。ナズナの雄しべと雌しべをルーペで確認していた八王子市立第九小の宮下淳教諭(29)は、「大学院では有機化学を専攻したので、生物は不得意。教える内容が増えているので、自分で勉強しなくては」と、一生懸命だった。

 科学技術振興機構の2008年調査では、「観察・実験についての知識・技能」を「やや低い」と自己評価した小学校教師が58%。新しい教科書を使いこなすには、顕微鏡や手回し発電機にも習熟しなければならず、指導役への期待は大きい。

 ただ、参加者の中には中学校の授業まで意識した高度な研修に戸惑う様子も。「一般の先生には事故防止の指導が先」「児童を顕微鏡に慣れさせたいが台数が少ない」という声も聞かれた。

 理科教育が専門の左巻健男・法政大教授は「『ゆとり教育』で教える量が減り、暗記すれば良いという安易な指導に流れた。その教育を中学校から受けた世代が12年度には教壇に立つことになる」と指摘し、「教員の質の向上に真剣に取り組むべきだ」と話している。

 小学校での実験充実を先取りするように、学校外の科学教室が盛況だ。

 さいたま市では30日、小学生女児限定の科学教室が開かれ、4〜6年の約100人が参加した。「女の子を理工系好きにしたい」と講師も埼玉大の女性研究者が務めた。水の表面張力の実験では、水面に垂らした墨汁の膜に油を落とすと一瞬で透明な円形の膜が広がった。同市立大門小4年の岩下楓さん(10)は「学校でももっと実験をしたい」と楽しそうだった。

 山形大のオープン・ラボ、「SCITA(サイタ)センター」も、体験型教室を開いて光の実験などを行っており、開設から2年近くで大人を含め4500人以上が訪れた。栗山恭直同大教授は「本物の科学に触れれば理科好きの子が増えるはず」と話す。

ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男−奈良県警(時事通信)
千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結(産経新聞)
館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
posted by ツチダ サダイチ at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。